忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
最新記事
サイト
fraisier
QMA中心イラストサイト
※BL、男性向け、擬人化描写あり
<<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>>
2017-02-01(Wed)
飛躍

ジャージの前をしっかり閉めたユリ。ぴょーん。
ユリが着ているジャージは何故か胸の下辺りからスライダーが現れているので
元々胸を開けられるタイプなのでしょうか。

自分で着崩しているとはいえ大きい胸を主張出来る服装にしているアホの子ユリの無防備さが危ういです。


バレンタインが近づいて参りました~。
今年はカカオが多めのビターなチョコに挑戦します(・v・)
大人の階段を更に1歩上るのです。


◇QMA
グラップラー解禁戦2回目が終了した中、ストーリーも少しずつ進行。

イナリの秘密ノートの日にちが段々と現在(イナリちゃんが暴走中)に近づいてきました。
暁の賢者達と戦う内に目的を知り自分達が行っている事を疑問を持つようになって
自分のせいだと思い詰めていたんですね。
特殊能力があるのはいとこのムジナ兄さんとイナリちゃんだけで
相談出来る唯一の相手のムジナ兄さんはどんどんおかしくなっていたから1人で考え込んでいたのでしょう。


戦闘勝利後ムジナ兄さんがひょこっと登場。どこ行ってたんですかー。
何か準備をしていたのでしょうか?
イナリちゃんを放置していたのはまた囮にしていたから?
ボロボロになったイナリちゃんを見ても目的のために利用するなんて人の心を完全に失っていますね。
ボロボロでもムジナ兄さんとの会話は可能なのか。
そんなムジナ兄さんですが大きなテスト(恐らくアベノムジナ戦)をすると言った時点で
もう優しい頃の兄さんじゃなくなっていたのかな。

操られているかそうでないかで元のムジナ兄さんに戻る可能性が変わってきますね。
PR


2017-01-18(Wed)
エボリューション

宙を舞う



◇QMA


1/11はエリーザ先生の誕生日でした。
可愛くてかっこいいヘッドールをゲット~。
グリモワでのエリーザ先生は鎧に身を包み勇ましくなった印象。

グリバスではアップデートミッションで手に入れられるジョブの解禁戦が復活!
ジャマー→グラップラー→アクセラレーターの順で20日まではジャマー解禁のチャンス。
それに従いストーリーも進行しています。
いよいよ最終決戦の日が近い('▽')

ジャマー解禁戦2回目のストーリーでイナリちゃんとムジナ兄さんの謎が少しずつ明らかになりました。
イナリちゃんとムジナ兄さんのご先祖様=かつて東方の地で瘴気を駆逐した賢者達
の可能性が高まってきました。
2人共別の世界(マジックアカデミーの世界)と魔法使いの存在を知っていた!わぉ!
2人は瘴気を利用して召喚したモノを「式鬼」と呼んでいる。
式鬼=グリム。
イナリちゃんは暁の賢者達がヤマトタケル(初めて戦ったグリム)と戦っているのを見ていて、
ムジナ兄さんが話していた人達に会えてわくわくしてたんじゃないかなぁ。
ラノベ好きで魔法とかに憧れていたみたいだし。
イナリちゃんと暁の賢者達が初対面した時に召喚したマジパンサイゴーくんはテストだったんですね!
怪我しないように手加減してても強かったですよ~。
戦うのを楽しんでいたしライバルと思っていたから良い関係だったと思います。

一方ムジナ兄さん。研究熱心なお方。
自分の研究を語れる相手が出来て嬉しかったはず。1人より2人の方が楽しいし寂しくない。
式鬼(グリム)を召喚する書物はどこで手に入れたのでしょう?
ご先祖様の部屋とか倉庫で見つけたのかな。
イナリノートの内容を見てもちょっとずつ兄さんがおかしくなっていっている・・・・。
研究中に事故が起きたのか、危険な研究に手を出してしまったのか、知らぬ間に瘴気を体内に取り込んでしまったのか。
様々な考察が浮かびます。

瘴気の謎も少しずつ解明。
大量発生する前からトーキョーに瘴気は存在していて放っておけば消える。
勝手に物に取り憑く事があるからその時はイナリちゃん達が処理してる。
という事は暁の賢者達がトーキョーに来るまではイナリちゃんとムジナ兄さんがトーキョーを守っていた?
まだ憶測だけどもすごいすごい!

戦って戦って瘴気を払い続ければイナリちゃんは正気に戻りそう?
あと暁の賢者達はもっともっと何回も強く呼びかけないと!1回だけじゃダメです。
ところで未だに謎のままの転移の扉の機能停止って何が原因なのかしら。瘴気?


いちごが美味しい季節です。
白い冬に真っ赤ないちごの組み合わせが生み出すコントラストはベストマッチ。
MOTHERシリーズ名物のいちごどうふを作ったりいちごパフェを食べたり。
いちごは無限大!いちご宇宙(''*)
リックには大粒のいちごを食べさせたい。


拍手いっぱいいっぱいありがとうございました ღゝ◡╹)ノ♡
寒い日が多い中温かい気持ちになります~。


2017-01-11(Wed)
6話
息抜き回は続く~と思いきや。そしてメディアが初登場。




コミカライズでも水着回やってきました!
水着はひなビタコラボの時と同じもの。室内プールだけど何故か帽子を被るシャロン。
学校のプールでおかしな現象が起きてるという事で調査に来たルキア達とコウタですが
どう見ても遊ぶのがメインでついでにその現象が解決できたらいいなー、というゆるさ。
セリオスはルキア達の心情をわかってて来なかったんだろうなぁ。それに露出するのはあまり好まないだろうし。


コウタに胸を押し付けてるくらい詰め寄りメディアが初登場。いきなりエロい。
トーキョーでの名前は「芽出愛桃」
かなり目立つ苗字!芽出愛さんか~。
 「桃」という名には彼女のイメージカラーと「もも」という幼さが含まれていてピッタリな名前ですね。
トーキョーでは医療科があるのかと気になっていましたが保健委員として活動中。
エルフを探しているのは自分の同族が居たら安心感があるからかな。
他の子と少し違っていて元の世界(マジックアカデミー)には
同じエルフのリディア先生やエルフ族の子が何人か居たかもしれないけどトーキョーだと自分1人だから寂しくなっちゃいますよね。

ましてやメディアはアロエよりも年下で最年少。
幼い年齢故の同族探し。
アロエの事をお姉ちゃんと言いかけてしまう台詞がいくつかあってまだアロエちゃん呼びは慣れていないんだな~
としみじみ。


そんなメディアですが水着が非常にエロい。
大人に負けないナイスバディに布の面積が少なく乳首とお尻の割れ目と大事な所くらいしか隠れていない露出度が高いビキニ。
メリハリがある身体をリボン?で強調させショルダーバッグで胸を更に強調させるとってもセクシーで淫靡。
5歳なのにこんな大胆な水着を選んじゃう!
本人の無防備さもあって相手がコウタじゃなかったら確実に危ない目に遭ってました。


噂してたグリム(今回はタコ)が登場し平和的な倒し方&コウタに遊んでもらいたいアロエの願いと共に海の幻覚でビーチ。
皆さんミューの幻覚を使いこなせてませんかね。暴走は大丈夫になったのかしら。
有言実行しちゃうミューにも恐れ入った。
暁の賢者には班が分かれている事がわかりましたね。
メディアが調査班。他の子は誰が居るのか気になります。
戦う班は今の所ルキア・シャロン・アロエ・セリオス・ミューでしょうか。
このままグリムが消え平和に終わると思いきやそうはいきませんでした。
タコの敵名物の触手プレイ。
敵の言葉を適当に解釈するミューが第二のマラリヤですね。OVA2で敵の声をなんとなく解釈してましたから。
シャロンの貧乳弄りやめてあげて~。
幼女のアロエとミューが掴めたという事はシャロンよりも胸があるという事?
いやいや、シャロンもこれからです!
ねぎソードの活躍もありグリムは無事討伐。ねぎでもOKなのか。


普段は明るく元気で微笑ましいアロエですがメディアと絡むと苦労人になってしまうというか
「どっちがお姉さんなの?」状態になっちゃいますね。

頑張れアロエ。


それにしても水着姿の女子を見てもメディアに胸を押し付けられても恥じらいの1つも無いコウタさん。
特にルキアとメディアの巨乳には男なら目が釘付けになりそうなのですが。
色気に関してはまったく興味無いというのは強い。興味が取材の方に全力で向かっているから。


次回は調査の方に進展があるのでしょうか。
次に登場するのは1話最後のシルエットに居たレオンかな。そろそろ熱血も恋しい!


********************************************

時系列(6話目時点)

?年前
濃霧が発生

3年前
コウタとコウタ母が瘴気に巻き込まれる。コウタ母が行方不明に

1ヶ月前
ルキアが暁月学園に転入(他の生徒は不明)

1話
シャロンと出会い更に一緒に居たルキアにインタビューをしようとする→失敗

2話
ルキアとシャロンがサツキ先生にコウタの存在を知らせる
コウタ、秘密の部屋に連れていかれる

3話
サツキ先生から協力依頼→条件であるアロエとのパトロールを実行しているから承諾した?
セリオス、グリムと戦闘

4話
コウタ、セリオスと初対面。瘴気を追う目的を話す
剣がパワーアップ?
戦闘中にミューと対面していた(会話はなし)

5話
息抜き
ミューと2度目の対面
皆に瘴気を追う目的を話し始める

6話
息抜き&校内プールでの噂の調査(解決)
メディアと知り合う


不明(6話目時点)
・アカデミーの生徒達がトーキョーに来た時期
・コウタがペンを剣にしてバケモノに攻撃出来る力を得た日
・ルキアとコウタが知り合った時期(夏休みで会話したような描写があるからそれ以前?) 


 



2017-01-10(Tue)
しょうらい

◇QMA



1/4はハルトの誕生日でした~。ハルトヘッドールをゲット。
通り名の偽名がかなり衝撃的でした。それとは対照的にヘッドールは可愛い。
よく見ると口が「v」になっててニヤッとしてるんです。Sっ気が溢れてますね~。
見た目はお金持ちのお坊ちゃん。中身はかなりの中二。

年明けのグリバスはヤマトタケル再びだったんですがストーリーが新しく追加されていました。

謎のノートはイナリちゃんの日記でした。
見るなと書きつつも常に持ち歩いてたイナリちゃん。抜けてる所があって可愛い。
このノートの内容によって謎が少しずつわかってきました。
ムジナ兄さんとイナリちゃんはいとこ同士!兄様呼びはイナリがそう呼んでるだけ。
昔から仲良しで微笑ましい。元々優しい方だったし兄様呼びに苦笑いしながらも嫌がってはいなかったみたい。
本を使ってのグリム召喚は物を動かすという事らしい。
アベノ家の家系で瘴気を見られるのはムジナとイナリだけ。昔は居たような書かれて方ですね。
かつて東方の地で瘴気を鎮めた賢者達とアベノ家に何か関係がありそう。
瘴気大量発生の原因はムジナ兄さんとイナリちゃんだけでなくアベノ家も関わっている可能性も出てきました。
転移の扉が停止した原因との繋がりは不明。
日記のムジナ兄さんのあの発言は自分を特別だと思って何か事件を起こして責任負えなくなったという事でしょうか。
うーん、謎が謎を呼んでます。

瘴気が見えて漫画の主人公みたいだと書いてる時のイナリちゃんはきっとわくわくしてたんだろうなぁ。
ムジナ兄さんも自分以外に見える人が居てそしてイナリちゃんが特別な力に喜んでいる様子を見て嬉しかったりして。
今のイナリちゃくのボロボロの姿と冷酷になってしまったムジナ兄さんを見ているだけに胸が締め付けられます。
イナリちゃんがボロボロのまま生徒達に襲いかかってきたのはびっくり。
髪の毛ばっさばさで目赤くなってて狂っている感じ。
瘴気を憑依させられたら目が赤くなるものだとしたらムジナ兄さんも同じような事をした?(された?)
敵側が勝った時のイナリの表情がムジナと似てるのはさすがいとこ。
負けたイナリちゃんはどこへ行くのか。

イナリちゃんはどうなってしまうのでしょう。生徒達が助けるのかなー。
敵だったとはいえドジな所があって憎めない子だしボロボロにされた過程を見ていますもんね。怒りたくもなりますよ。



拍手ありがとうございました(*・ワ・*)



2017-01-03(Tue)
2017


あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします~。
サイトに年賀状2017イラストを追加しました。
酉年という事でQMAに登場した鳥のモンスターを詰め合わせました。↑のマジペンもイラストの一部です。


◇QMA


正月に誕生日のアロエのヘッドールをゲット!
小さいリボンとツインテールがばっちり似合ってますね。可愛い(・v・*)

そしてハルトの誕生日ウィークが始まり偽名?が判明しましたが衝撃的。
「綾小路・ヴィ・春斗」
綾小路って。ヴィって。他の生徒に負けない強烈な名前。ご馳走様ですー。
「はると」という名前が現実でも人気な名前なだけにギャップがありますね。
自分は特別な人間だと思っていそうな感じが伝わります。


新年から拍手ありがとうございました(╹◡╹)ノ♡
追記でちょっとしたハルリク語り。




2016-12-31(Sat)
締めくくり
サイトに数枚追加しました。以前にお知らせした賢竜杯に提供したちびキャラです。
ちっちゃい子がいっぱい(・v・)

2016年も最後です。
今年は学びと目から鱗な1年でした。
QMAは舞台が現代にガラリと変わるも馴染んだしリックは更にかっこよく成長しもっと大好きになりましたし
六道陸というありがたい偽名?と誕生日当日会話イベントの「アッシャシター」の迷言と「ありがとう」というお礼の言葉。
2016年もリックがかっこいい1年でした!
料理やお菓子のレパートリーも増え、コピックの新しい使い方も学び、尊敬する方が増えると同時にライバルも増え、アニメゲーム映画小説もたくさん知り観賞しました。
個人的な目標は達成出来ましたがまだまだ足りません。探究心と好奇心が尽きません。
リックもまだまだ描き足りないので2017年はこの探究心と好奇心のままに飛び回ります(人*'v')
来年もよろしくお願いいたします。

拍手たくさんありがとうございました.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。





<<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>>

Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
忍者ブログ[PR]