忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
5 6 7 8 9 10
11 12 15 16
18 19 20 21 22 24
26 27 28 29 30
サイト
fraisier
QMA中心イラストサイト
※BL、男性向け、擬人化描写あり
<<< 1 2 3 4 5 6 7 >>>
2017-06-13(Tue)
ホーリー


第一回全国大会賢陸戦のメインビジュアルにリックが抜擢!とってもかっこいいです('v'*人)
タイトルが賢戦ですもんねっ。
あの大きい盾の使用例の1つはこんな感じでしょうか。どーんと。


◇QMA


グリムリエルの報酬であるモンスターの姿のフィギュア。コテコテに武装したわんこです。
エボルグリム最終戦の報酬はエボルグリムが変身するモンスターのフィギュアで統一?
グリムメディアのフィギュアが無いのが残念。どこかで手に入れられるのでしょうか。
グリムリックのフィギュアをずっと眺めていたい。グリムリックの形代と共に飾りたい。
グリムリックがどの動物に変身するのか楽しみで楽しみで仕方ありません!
もしかすると動物じゃないかも。架空の生き物とか?
グリムリックかもんカモンcome on.


そして16日からグリムアイコマヤ。グリムアイコとグリムマヤが合体しちゃってますね。
合体だなんて激しい事しますね~。
第3回目の生放送によるとエボルグリムのアイマヤも仲良しなんだとか。偽物も百合かー。
グリムアイコのモンスターの姿はアライグマ。アライグマは夜行性で学習能力が高く狂暴な一面がある。
眠そうでテンション低めのグリムアイコだけど夜だと狂暴になっちゃうのでしょうか。
一方グリムマヤのモンスターの姿はカラス。お馴染みの生き物ですね。知能が高く攻撃性が高い。
モンスターの姿を考えるとあんな見た目だけど実は2人共賢いのでは?
モデル元のアイコとマヤの関係性も強調されつつ2人の仲がもっと深まるかもな戦いになりそうかな。
勿論敵であるエボルグリムのアイマヤも封印しないといけない。偽物であれどそこに本物の友情はある。
ゼンコクを守るためには越えなければならない障壁です。
これも今作テーマの「成長」に繋がってくるのでしょうか。果たしてどうなるのか。


拍手ありがとうございました!
PR


2017-06-04(Sun)
スイートレイン

じろっ


◇QMA
6月の購買部新アイテムは梅雨にちなんだアイテムが勢揃い('v'人)



レインコートのバリエーションが増えました!
青空・夕焼け・星空の3種。どれも可愛いです。リックが着ると少し幼く見えます。ショタリック。
青空はポップでカラフル。
夕焼けは温かみがありドラマチック。
星空はキラキラしていて幻想的。





テルテルサテライトはてるてる坊主がくるくるくるくる。
泣き顔・喜び顔・怒り顔がどれも可愛いです~。
他にはデンデンアイズ&デンデンシェルというかたつむりなりきりセットが追加されています。
かたつむリックに人参を食べさせたい。


グリバスはグリムリエル最終戦&新ジョブのホーリーナイト解禁戦。グリムリエル早くもラストです。
メンバーはグリムリエル1回目と同じくシャロン リエル(モデル元) メディア マヤ リック
リックがたくさん話していてはいらは幸せです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
簡潔に物事を伝え敵の分析も行いヤマシタパークのクサビを破壊。かっこいい!
呪符という瘴気をマナに変えるアイテムをムジナ兄さんから授かった事によりやや有利な状況に。
枚数はこれから増やしていくんでしょうか。
グリムリエル戦ではシャロンとリエル グリムシャロンとグリムリエルの主従関係が対になって強調されていますね。

グリムリエル戦後クサビが壊されシャロンとグリムシャロンは早くも対決。
シャロンの方が優位に立っているように見えます。
グリムシャロンが倒されそうになったその瞬間グリムリエルがシャロンを庇いグリムリエルはリエルのグリモワールに封印。
口ではグリムシャロンをからかいながらも彼女を忠誠を尽くし最後まで主人を守ったグリムリエル。
モンスターの姿は恐らくドーベルマン。グリムリエルにふさわしい生き物です。
生徒達の偽物であれど心に秘めた想いは本物。
グリムリエルが封印されグリムシャロンは狼狽し暴走。
グリムリエルを失った悲しみよりも自分の所有物を壊された怒りが露になっている気がします。
自分と戦っていたシャロンの方にはメイド(リエル)が傍に居るだけに精神的ダメージは大きかったのでしょう。
それにしてもグリムリエルを所有物扱いですか。
グリムシャロンの怒りを買ってしまい因縁が生じました。彼女との戦いは激しいものになるんではないでしょうか。
この様子を見たリエルは少し悲しいと発言していましたがゼンコクを守るためには気持ちに振り回されず覚悟の上で戦いに挑まなくてはならないと思います。
新ジョブですがホーリーナイトは使い方が難しいです。
ストーリーではホーリーナイトに関する描写は一切無いのでなんだか盛り上がりに欠けます。

一個人として見た目も中身も十人十色のエボルグリム達。
これから元の生徒達に負けないくらいどんどん個性的な連中が出てでしょう。
楽しみな反面この連中を倒さなくてはならないという強い意思も必要です。
今作の敵は人格があってそれぞれ個性があってプレイヤーキャラである生徒21人と似ている容姿なので
倒すのに抵抗が少なからずあります。本編でも一部の生徒達も似たような気持ちに。
黒幕(エボルグリム達のボス的存在)は残酷な事をしてくれますね!
グリムリックに早く会いたい、話したい、触りたい、抱きたい、でも倒さないとです。
リックとグリムリックの対決どうなるんでしょう。
QMAエボのポスターに描かれている2人は戦いの真っ最中のようなシチュエーションだから
本編でも
殴り合い蹴り合いの喧嘩が勃発してしまうのでしょうか。
ストーリーはヴァニィ+全生徒21人vsエボルグリム21人(+ボス?)の見せ場があるのでボリュームが盛りだくさんですごいです。
なので毎日ドキドキのわっくわく!
グリムリック待機中ーヾ(❀╹◡╹)ノ゙


拍手ありがとうございました~。


2017-06-03(Sat)

早くも6月です。梅雨の季節~。


◇QMA
5/26~6/2までグリムサンダース最後の戦いでした!
長く続いていたグリムサンダースとのバトルもこれで最後。
戦うメンバーもルキア クララ ミュー レオン セリオス サンダース(モデル元) ハルトと大人数!
特にサンダースとハルトはノリノリの様子。
ラスト戦まで変だ何だと言われ放題なグリムサンダース。でも中身は心身共に強い(・v・)
倒し方はサンダースらしく全力で叩き潰して封印するという荒々しいやり方。
そして男の熱い戦いが始まりグリムサンダースは敗れてしまいました。
でも負けを認め、相手の力を認め見事と賞賛する。その姿はとってもかっこよかったです。
「仲間の力」を知らなかったグリムサンダース。
それでも生徒達との戦いを経て知らなかった戦いの楽しさを味わい満足して封印されたんだと思います。
クサビを打ち込めず封印されてしまったけどそれ以上の物を得られたはず。
見た目は違えどやはり中身は元となった生徒に似てくるものなんでしょうか。



報酬のグリムサンダースフィギュア。
見えなかった下半身はこうなっていました~。


拍手ありがとうございました(❀╹▿╹)ノ


2017-05-26(Fri)


青△


2017-05-24(Wed)
甘辛
◆QMA



トーキョーグリモワールQMA1巻の特典が届きました。
その中のカスタマイズアイテムの「コウタの光剣」と「コウタの服」
トーキョー標準制服+ジャージが普段の姿のリックにとってこのサスペンダー制服姿は新鮮でかっこいいです。





てやー
光剣は少し透けてます。9話を見た後だとなんだか複雑な気持ちに。


19日からグリムリエル戦が始まりました!
舞台はオシャレなヨコハマ(横浜)ようやくリックがストーリーにも初登場(人'v')
淡々と話しているのがもうストイックでかっこいい。
今回のメンバーは マヤ リック メディア リエル+後からシャロン
メディアとその保護者達に見えますね~。
イナリちゃんとムジナ兄さんも早くも再登場。今はヨコハマ住み。
2人と話している最中にクサビが設置されるなんて敵側は絶対タイミングを狙ってたでしょう!
グリムリエルが来るかと思いきや幹部的立ち位置だったグリムシャロンがお出まし。
グリムメディア戦1回目の勝利後の寸劇で偉そうにしてたのにポンコツでいじめたくなるようなお嬢様でした。
これはびっくり。ある意味優秀なシャロンと真逆になっているんですね。
もし演技だったらすごいなぁ。
もしかしたら賢そうなグリムセリオスも元と真逆でダメダメかもしれません。
助けに来たグリムリエルは敬語だけどグリムシャロンにあれこれ言いたい放題でまるで漫才のような掛け合い。
ある意味仲良しというか相性が合っているというか。
毒づきながらも従者としての務めを全うするかっこいいメイドさんです。
この2人の関係だとどちらか片方が封印されたら調子が狂ってしまうんじゃないかなぁ。
今後そんな展開が来そう。






ドロップアイテムは「フィデリティクラウン」
フィデリティの意味は忠誠 忠実など。グリムリエルの象徴とも言えるアイテムですね。
男でも付けられるゴツいヘッドドレス(*'v'*)


そんなわけでグリムリエルとグリムシャロンは倒せず逃げられました。
モデル元となったシャロンとリエルの主従関係を見るとやっぱりエボルグリムはそっくりに作られているんだな~。
その後ムジナ兄さんからエボルグリムに関する重要な情報を聞きました。
やはり生徒達を写し取ったものなんですね。一体誰が?
前作のラスボスアヴェノセイメイ説がありますが果たして。
元となった安倍晴明の息子や師がQMAにも登場してこの人が犯人という事もありえる?
もしかするとまったく関係のない第3者の仕業?
そういえばムジナ兄さんとイナリちゃんが持っていた魔道書はどこに?

ストーリーではグリムメディアが封印されても心配せず悲しみもせず
「封印したのはどんな連中だろう」くらいの軽い興味を湧かせただけというのが物悲しいです。
グリムメディアと他のエボルグリムとの交流関係はどうだったんでしょう。特にグリムアロエ。
モデル元はアロエを姉と慕っていたけどエボルグリムの方ではどういう関係だったのか。
そしてグリムリエル戦にてエボルグリム達にもコミカルな一面が見れて親しみやすさを感じました。
彼ら1人1人にも個性があって感情があり喜怒哀楽があり交流関係がある。
生徒達と容姿だけでなく中身も似ている。
でも敵対関係にあり彼らが行っている事は許されない事です。
それを身に持って戦わなくてはなりませんね。





絶賛プレー中のお菓子検定。SSSも勿論達成(❀╹◡╹)ノ
スコア更新よりも知らないお菓子の問題を求めてやりまくってます。
世界には美味しそうなお菓子がたくさんあって画像を見ているだけでわくわくしちゃいます~。


拍手ありがとうございました*


2017-05-17(Wed)
豆ポップ

アイコかミュー辺りに貰った桃色の棒付きキャンディ。
優秀なリックには糖分の補給も大事です。



豆花のお風呂


◆QMA
今日放送していたQMA生放送第3回見ました(*'v')
6月の購買部新アイテムのかたつむりなりきりアイテムと新しい色のレインコート、
てるてる坊主と可愛い物が勢ぞろいしていて早く買いたいです。
新たな装いのレインリック!リックは透明傘使っていそうです。シンプルイズベスト。
グリムリエルの次はグリムサンダース戦ラスト。グリムサンダースも封印されてしまうのですね。
グリムリエルの次の新たなグリムはグリムアイコ&グリムマヤ!なんと2人1組です。
舞台のニャーゴヤは名古屋でしょうか。にゃー呼びが可愛い。
グリムアイコは髪ぼさぼさでだらしなく眠たそう。テンション低めなイメージ。グリムマヤっぽいぬいぐるみを持ってます。
グリムマヤは髪が更に長くなりセーラー服のスケバン+暴走族のような荒さがプラス。胸もどーん。
グリムのアイマヤでも仲良しなんだとか。親友の関係はエボルグリムでも健在。
あとちらっとグリムカイルとグリムユリが映りました!
グリムカイルは眼鏡が光ってて、グリムユリは刀持っててキリッとしてたような。
となると出現順は
グリムレオン→グリムサンダース→グリムメディア(封印)→グリムリエル→グリムアイコ&マヤ
→グリムカイルorグリムユリ?
でしょうか。出現の法則がまったくわからない。
幹部っぽいグリムシャロンとグリムセリオスはまだ?
部下に始末させて自分達は高みの見物かな。むむむ。
最初に戦って以来のグリムレオンは力を溜めてまた挑みに来るかも。
もしくはラスボスの前に立ち塞がる最後のエボルグリムポジション?まだ声付きで来てませんもんね。

グリムリックはまだでしょうか。出たら天地がひっくり返るくらい興奮しちゃいます。
ただでさえ真逆なチャラくて乱れている不良みたいな見た目にやや褐色肌で尖った歯とグラサンですからね。そして立派に割れた筋肉。(QMAEVOポスター参照)
この見た目で実は真面目で優秀だったらギャップ萌えで頭の中がハートいっぱいに。
リック自身も爽やかなマッチョで人見知りという最高のギャップ萌えがありますもん。
もうグリムリックがどんな子でも美味しいしじっくり味わえる。
グリムリック腕に歯が食い込みそうなくらい。グリムリックに噛まれたい。
半分裸みたいな状態だから勝利したらどうなるんでしょう。全裸?流血する?
グラサンは割れそう。髪もほどけちゃう?
モンハンみたいにいくつかの部位を持ち帰っても自分達が勝ったんだから仕方ないのです。
グリムリックの報酬アイテムも気になります。
グラサンかジャージか赤いネックレスか。変身するモンスターにもよりますね。
リックとグリムリックのピリピリした会話も楽しみです。グリムリックめちゃくちゃ楽しみ。
来月とかにグリム来たらどうしよう。
はいらビッグバンが起きて頭の中に新たな宇宙が誕生しちゃうんですか。
あれもLOVE これもLOVE あるゲームの台詞です。
リックもLOVE グリムリックもLOVE あらゆるリックがLOVE。
リックとグリムリックの筋肉サンドイッチ 胸板を添えて( ˘ v˘)♥


拍手ありがとうございまし╰(*''*)╯


<<< 1 2 3 4 5 6 7 >>>

Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
忍者ブログ[PR]