忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 13 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
サイト
fraisier
QMA中心イラストサイト
※BL、男性向け、擬人化描写あり
No.1516 No.1515 No.1514 No.1513 No.1512 No.1511 No.1510 No.1509 No.1508 No.1507 No.1506
2017-05-24(Wed)
甘辛
◆QMA



トーキョーグリモワールQMA1巻の特典が届きました。
その中のカスタマイズアイテムの「コウタの光剣」と「コウタの服」
トーキョー標準制服+ジャージが普段の姿のリックにとってこのサスペンダー制服姿は新鮮でかっこいいです。





てやー
光剣は少し透けてます。9話を見た後だとなんだか複雑な気持ちに。


19日からグリムリエル戦が始まりました!
舞台はオシャレなヨコハマ(横浜)ようやくリックがストーリーにも初登場(人'v')
淡々と話しているのがもうストイックでかっこいい。
今回のメンバーは マヤ リック メディア リエル+後からシャロン
メディアとその保護者達に見えますね~。
イナリちゃんとムジナ兄さんも早くも再登場。今はヨコハマ住み。
2人と話している最中にクサビが設置されるなんて敵側は絶対タイミングを狙ってたでしょう!
グリムリエルが来るかと思いきや幹部的立ち位置だったグリムシャロンがお出まし。
グリムメディア戦1回目の勝利後の寸劇で偉そうにしてたのにポンコツでいじめたくなるようなお嬢様でした。
これはびっくり。ある意味優秀なシャロンと真逆になっているんですね。
もし演技だったらすごいなぁ。
もしかしたら賢そうなグリムセリオスも元と真逆でダメダメかもしれません。
助けに来たグリムリエルは敬語だけどグリムシャロンにあれこれ言いたい放題でまるで漫才のような掛け合い。
ある意味仲良しというか相性が合っているというか。
毒づきながらも従者としての務めを全うするかっこいいメイドさんです。
この2人の関係だとどちらか片方が封印されたら調子が狂ってしまうんじゃないかなぁ。
今後そんな展開が来そう。






ドロップアイテムは「フィデリティクラウン」
フィデリティの意味は忠誠 忠実など。グリムリエルの象徴とも言えるアイテムですね。
男でも付けられるゴツいヘッドドレス(*'v'*)


そんなわけでグリムリエルとグリムシャロンは倒せず逃げられました。
モデル元となったシャロンとリエルの主従関係を見るとやっぱりエボルグリムはそっくりに作られているんだな~。
その後ムジナ兄さんからエボルグリムに関する重要な情報を聞きました。
やはり生徒達を写し取ったものなんですね。一体誰が?
前作のラスボスアヴェノセイメイ説がありますが果たして。
元となった安倍晴明の息子や師がQMAにも登場してこの人が犯人という事もありえる?
もしかするとまったく関係のない第3者の仕業?
そういえばムジナ兄さんとイナリちゃんが持っていた魔道書はどこに?

ストーリーではグリムメディアが封印されても心配せず悲しみもせず
「封印したのはどんな連中だろう」くらいの軽い興味を湧かせただけというのが物悲しいです。
グリムメディアと他のエボルグリムとの交流関係はどうだったんでしょう。特にグリムアロエ。
モデル元はアロエを姉と慕っていたけどエボルグリムの方ではどういう関係だったのか。
そしてグリムリエル戦にてエボルグリム達にもコミカルな一面が見れて親しみやすさを感じました。
彼ら1人1人にも個性があって感情があり喜怒哀楽があり交流関係がある。
生徒達と容姿だけでなく中身も似ている。
でも敵対関係にあり彼らが行っている事は許されない事です。
それを身に持って戦わなくてはなりませんね。





絶賛プレー中のお菓子検定。SSSも勿論達成(❀╹◡╹)ノ
スコア更新よりも知らないお菓子の問題を求めてやりまくってます。
世界には美味しそうなお菓子がたくさんあって画像を見ているだけでわくわくしちゃいます~。


拍手ありがとうございました*
PR



No.1516 No.1515 No.1514 No.1513 No.1512 No.1511 No.1510 No.1509 No.1508 No.1507 No.1506

Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
忍者ブログ[PR]