忍者ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

行方知れず


白ワンピースのアロエはいずこへ。

PR

ララバイ

◇QMA
5/30のQMA生放送見ました~。
全体的に早口で話していて聞き取りづらかったです。特にQMAニュースコーナー。
ちょいちょい映るちびキャラのエボルグリム達が気になります。
今回の生放送で確認出来たのはグリムレオン、グリムサンダース、グリムルキア、グリムアロエの4人。
もしかしてリコードアリーナでエボルグリム達と戦える?
今の状態だとエボルグリム達にマナを使った魔法を教えている&競い合っているという実感があまり湧きませんからね。
6月のQメダル交換所新アイテムはウエディングにちなんだもの。
女子の和装ウエディングとっても可愛いです('v'*人)
そして夏には期間限定の協力イベントが開催予定だそうです。
どんなシステムになるんでしょう?

拍手ありがとうございました(๑>◡╹๑)

めぐりめぐる

◇QMA
最近のアプデでストーリーが追加されていましたー。
セリオスとグリムセリオスとのバトルはセリオスが勝利。
今の所勝敗は

レオン○-×グリムレオン
セリオス○-×グリムセリオス

ルキア×-○グリムルキア

となっております。
セイメイには頭が上がらないグリムセリオス。
なんだか戦った時と比べて性格が丸くなったような。
そしてリコードアリーナ会場の体育館や教室等のたくさんの施設を短期間が作った&その場所は一般人には認知できないものという
びっくりする設定が明らかに!
だからリコードアリーナ会場の観客席は無人なんですか。
QMAマキシブのプレス向けイベントのレポートでも「生徒達が新たな学校をトーキョーに作った」と書かれていましたがよく考えてみれば無茶苦茶ですね。
じゃあQMAグリモワ~QMAEVOで通っていたトーキョーの学校は?
今までトーキョーorゼンコクの何処に居たんでしょう?

そもそもゲーム内で確認できる学校の描写は

教室(予習や誕生日当日会話イベントなど)
図書室(QMAEVOでの検定モード)
学校の外(QMAグリモワでの検定モード)
体育館(リコードアリーナの舞台)

とかなり少なめなので今まで通ってたらしいトーキョーの学校とセイメイが新たに作った一般人には視認できないトーキョーの学校の違いがよくわからない。

ストーリーの内容に戻ります。
新しい学校はエボルグリム達にマナを使った魔法を教える施設でもありトーキョーの魔法樹を管理するための施設でもあるんだとか。
セイメイは昔教育者だったんですね~。
そしてトーキョーの魔法樹が何故瘴気を生み出すようになったかという謎に迫ります。
マキシブコードに記録されている事象を調べられるのはセイメイだけなので
セイメイが調べている間孫のムジナが魔法を教える側に。
ちゃっかりQMAグリモワで瘴気に侵されたムジナが使っていた赤い本は瘴気に堕ちたセイメイが与えた物だと判明。
一方、グリムルキアに負けて悩んでしまうルキア。
でもすぐにイナリの生意気な励ましで元気を取り戻しました。
ルキアとイナリは先輩後輩みたいな関係で楽しいです('v'*)
前作のグリムルキア戦でも一緒に戦っていましたもんね。

リコードアリーナは少しずつ慣れてきましたがやっぱり難しい!
キャラクターバトルでまだまだ練習中です。


拍手たくさんありがとうございました!
感謝ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

チルチル


タルトタタンのアルバム「シロ・デューサー」ジャケットのオマージュのマラリヤ。



グリムメディアが腰に巻いているセーターを着たら
オリジナルのメディアに少し似てくるかも。




桜の季節が終わる

クレームシャンティ

◇QMA
QMAマキシブも誕生日当日会話イベントが新しくなっています。
なんとエボルグリム達も会話に登場!これはリックの誕生日が楽しみですね(*'v'*)
ただグリムリックとは性格が正反対だからいがみ合いになりそうな予感。

リディア先生の誕生日会話ではグリムメディアが登場。エルフ繋がり?
メディアがグリムメディアの事を「グリメディちゃん」と呼んでいるのが可愛い。
考えたのですがグリムメディアもエボルグリム最年少という事になっているのでしょうか?
メディアは全生徒の中で最年少という設定なのでそのメディアを模したエボルグリムならもしかすると…。
もしグリムメディアも最年少ならとんでもない!


追記でハルトとリックのBLの話。
BL注意です。

ドロー

先月の23日と24日に妹が住んでいる東京に行って2人で遊んできました(*'v'*)
日比谷、原宿、渋谷、浅草に行ってきました~。
特に日比谷シャンテのHMV&BOOKSは行きたかった場所なので行く事が出来て大満足です。
店内がオシャレで様々なコーナーが作られていたので見ているだけでも楽しめました。
あと、ずっと食べたかったドミニクアンセルベーカリーのフローズンスモア!
店員さんがマシュマロを焼いてくれて中身のアイスとそれを包むふわふわのマシュマロの組み合わせがすごく美味しかったです。


◇QMA
新作のマキシブコードが稼動いたしました~。
と言ってもカードで遊ぶ「リコードアリーナ」モードと色んなアイテムと交換できるQメダルが追加したくらいで他はあまり変わってないです。

ストーリーは前作のQMAEVOから続きます。
ゼンコクに瘴気を蔓延させようとしていたアヴェノセイメイとその駒であるエボルグリム達との戦いの末見事勝利し
瘴気を生み出すようになっていた魔法樹(魔法を使う源「マナ」を生み出すもの)は元通り。
ゼンコク世界でも魔法が使えるように。
アヴェノセイメイは善の心を取り戻し、エボルグリム達は魔法や陰陽が悪い事に使われぬようにセイメイと共に守人になる事に。
しかしエボルグリム達は瘴気を使った魔法は得意だが魔法樹からのマナを使った魔法は不慣れ。
そこで暁の賢者でありアカデミーの生徒でもある生徒達からエボルグリム達を導き一緒に学んでほしいとセイメイから依頼され承諾。
ここまでが前作の話。
セイメイは「マキシブコード(タイトルロゴにも描かれている銅の地球儀?)」という色んな現象を記録する装置を使って
リコード(過去の記憶の具象)を摘出しこれを使ってエボルグリム達と競い合いお互いを高めてほしい、との事。
なんだかわかりづらいストーリーとなっております。

公式サイトもリニューアルされエボルグリム達やアヴェノセイメイのプロフィールが追加されました。
他の生徒達もちょこちょこ設定が追加されています。

リコードアリーナモードのキャラクターバトルでは生徒達21人と戦う事が出来ます!
全員に得意ジャンルと苦手ジャンルがあってキャラの新たな一面が楽しめるんです(人*>v<)
あのキャラの苦手ジャンルが意外なものだったり。
リコードアリーナの会場は体育館でしょうか。
暁の鐘のトナメ会場と比べて観客が居ないのが寂しい。
クイズフェイズで見られる背景にはトーキョーのアカデミー?の校章が描かれた青い旗(左側)と

エボルグリム側の赤い三日月のようなマークが描かれた白い旗(右側)が掲げられています。
リコードアリーナは何回かプレーしてみましたがとにかく難しい。
公式サイトの説明を見たりチュートリアルをプレーしても慣れるのには時間がかかりそうです。

ストーリーはQレベルを上げると続きが見られます。
ルキアは自分のエボルグリムの事をそのまま「グリム・ルキア」と呼んでいる模様。
グリム+自分の名前呼びかぁ~。
そしてグリムルキアがビシッとしていてかっこいい。
ストーリーは今の所ルキアvsグリムルキア、レオンvsグリムレオンの様子が見られますが
今後は他の生徒とエボルグリムの戦いも見られるのでしょうか?


リコードを使ってエボルグリム達と訓練するのは良い事ですが
散々戦って暴れ回ったゼンコク各地の修復も大事なのでは?
アヴェノセイメイやエボルグリム達はゼンコク世界を守る存在になりますし。
特に前作の防衛戦やアヴェノセイメイ戦での舞台となったナナイロブリッジは大きな被害に遭ったんじゃないかと思います。
ナナイロブリッジには結界を張っていたらしいですが。
その辺のケアもちゃんとしてほしいです。
あとストーリーではエボルグリム達とリコードを使って競い合っていましたが
ゲームの中では戦うのは全てアカデミーの生徒達。
背景のエボルグリム側の旗が掲げられた方に居るのもアカデミーの生徒。
だからあんまりエボルグリム達と競い合っているという実感が湧きません。
これからゲームの中でもエボルグリム達と戦えるのでしょうか?


拍手ありがとうございました(*˙˘˙*)

fraisier
QMA中心イラストサイト
※BL、男性向け描写あり

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]